2007年12月19日

再び聖地へ

またも東京出張があったので、御茶ノ水へ行ってきた。

時間が早かったこともあって、今回の目標は「すべての山に登れ!」即ち、目に付いたギターショップを片っ端から散策するというものであった。
で、いろんな店を見て回ったわけだが、新品系だとDEAN/B.C.RICH系が豊富な店(ヤンキー系?)、とりあえずフェンダー/JPが全部揃ってんじゃないかって店、店の奥の壁が黄→ゴールドなレスポールで埋め尽くされてる店(もちろん全部Gibsonで、Epiphoneやコピーモデルは一本も無い)などなど。
あ、ゼマティス置いてる店は相変わらずでした。あの一畳でマンション買えます。100万円のギターの隣には200万円のギターがありました。うベベベベベベ。

しかし、やはり中古屋の方が置いてあるギターに脈絡が無くて面白い。タルボとかね、たまらんなあ金属ギター。
一時期日本で一世を風靡したというトムソンのニセムスタングも見た。いらんけどw
Fender Highway1 Telecasterの中古を見た。6万円ぐらい。微妙。5万円台か、ブロンド・メイプル指版だったら買ってたかも。

そーいや、Gibsonご乱心のロボギターを結構色々な店で見た。日本には入らないんじゃないかと聞いてたんだが。24万円くらいだった。もちろんいらん。
でも、実際に自動チューニングしているところをいっぺん見てみたくはあるな。

今回の収穫はギターではなく、パーツ。
先日、ZOOM MRS-1044というMTRを手に入れたのだが、こいつは標準状態はPCとデータのやり取りが出来ず、オプションボードが必要なのである。
言うまでも無くMRS-1044は廃盤商品であり、オプションボードもヤフオクですら手に入らない状況。
んで、イシバシ楽器のキーボードのフロアの店員さんに無理を承知で聞いてみたところ、「あ、これですね」とレジのちょい上の棚からブツを取り出すではありませんか。
しかも新品で定価より安いの。聞いてみるもんであるなあ。
まったく、この街には無いものなんて無いんじゃないか。

今回気になったもの

あとはB.C.Richのゾンビベースを見てみたかったかな。変形ギター専門みたいな店でもなかったから、相当レアなのかもしれん。



posted by ImpactDrill at 07/12/19 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。