2011年04月28日

SELDER CUSTOMなあ……

にて、SELDER CUSTOM祭開催中!!……なのですが。
第一弾がこれ

SELDER CUSTOM STC-01/BD(ブロンド) 本体のみ…13,800円 7点セット…15,800円 13点セット…17,800 円 20点セット…19,300円

第二段がこれ

SELDER CUSTOM STC-02/NBR(←って何色?ナチュラルブラウン?) 本体のみ…13,800円 7点セット…15,800円 13点セット…17,800 円 20点セット…19,300円

カスタムとか何とか言ったところで結局ストラトタイプなんですね、ああそうですか、といった気分。カスタム名乗るんなら、テレキャスカスタムとかレスポールカスタムとか出せばいいじゃない!(←それは違う
今日び、Eliothも、イシバシ楽器も、サウンドステーション(←って、サクラ楽器か)も、もっとカスタムカスタムした(←どんな形容詞か)ストラトタイプを安い値段で出してる訳でして、今更「アッシュボディにゴールドPGですよー」とか「SSHですよー」とか「50本限定ですよー」とか言われても、そんなに心は動かない訳です。この先出る第三段、第四弾もストラトタイプっぽいし、正直、イケベのギター曼荼羅の方がまだインパクトあったんじゃないかと思う次第。
そういえば、サウンドステーションで売ってる物でオリジナルってレイフィールド RST-320しかないんですけど、サクラ楽器からわざわざ分家を出す必要はあったんですか?。
SELDER CUSTOMを100本カートに入れても普通に普通に注文画面に行けてしまったのですが、50本限定はウソなんですか?
日本が印度になりますか?
王様の耳はロバのの耳じゃ(筋少略

む、今ひらめいた!STC-01が普通のストラト、STC-02がSSH。という事は、STC-03がHSH、STC-04は3Hになるというのはどうだ!? どうだも何も、そんなのはとっくにレスポールカスタムとかSG-3でやっているのだが。まあストラトでそれやってくれたらちょっと面白いかな、とは思いますが。
てか、今のままだとつまらなさ過ぎるので。いくらなんでも。

さて、今回のP-90物件は、「中学生でも買えるギブソン」こと(←今考えた)Melody Makerでございます。
まず、こちらは普通のMelody Maker

Gibson Melody Maker (Satin White/Satin Ebony/Satin Vintage Sunburst) 各44,000円

チョイキズ物なんかも入れると、楽天での平均価格は40,000〜45,000円程度でしょうか。Gibson製にしては極めて安いギターです。
安さの秘密は薄いボディにブリッジテールピース、そしてP-90を流用せずにMelody Makerのためだけに新開発した得体の知れないシングルコイルPU。レスポール・デラックス発売時のミニハムバッカーといい、Gibsonたまにこういう訳の分からない事をします。
私は生で聴いた事は無いのですが、GibsonのサイトのMelody Makerのページにあるサンプル音源を聴いて、ヘナヘナと腰が砕けました。テレキャスのリアPUなどと比べるとヘナさもひとしおです。
そんな廉価品もキッチリとマホガニーボディとマホガニーネックをセットネック接合で製造するあたり「Epiphoneとは違うのだよEpiphoneとは!」というGibsonのプライドが見え隠れしている様に思えます。
※あくまで個人の感想です。石を投げないで下さい

それだけに、PUさえそれなりの物に換えれば大化けするモデルであると言えましょう。まあ、ヘッド落ちくらいは普通にすると思いますが。
Gibson製で廉価品という事で、昔っから改造は多かった様です。安ギタラーがPLAYTECHとかSELDER買って、無磁力モデル(ピエゾ搭載)とかPU3連結無Vol無Tone無切替制御不能モデル(ブライアン・メイのレッド・スペシャルみたいな配線にしようとして途中で飽きた)を作ったりする様な物ですね。今、例に挙げたのは私の安ギターですが。
はい、前置き長くなりましたがコチラが今回のP-90物件でございます

Gibson Jonas Brothers Melody Maker 69,000円

現在リアPUモデルしかないMelody Makerを2PUに、しかもP-90に換えての登場と相成ります。
サイドからの写真がありますが、Melody Makerの薄さが良く分かります。指板は通常のMelody Makerと違い、高級品に使われるエボニー指板です。
なんかJonas Brothersてー人(←バンドです)のシグネチャーモデルらしいんですけど、トレードマークの印刷とサインいらないんで、4万くらいまでまかりませんか?(←元より安いじゃねーか
それと……「Body Type: Double Cutaway」って書いてあるんですけど、シングル・カッタウェイにしか見えないのは俺の心が汚れているのか。
しかし、Gibson製で薄く軽いボディにP-90×2。このスペックには憧れるものの、値段がちと残念な感じ。ここまでかかるのならいっそSG Special '60s Tributeまで金出すか、普通のMelody Maker買って自力改造した方がいいんじゃないかと思ってしまいますね。
ハムバッカーモデルは6万を切っている訳で、出来ない事じゃないと思うんだけどなあ。

P-90についてはとりあえずこんなところで。
次回からは最近(でもないか)の安ギターについて書こうかと思っとります。まあ、予定が予定で終わるのはいつものことですが(汗



posted by ImpactDrill at 11/04/28 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。