2011年02月15日

ここ数ヶ月の安ギター(PLAYTECH編)

先日の記事にて、

そろそろ楽器の記事が見たい!
という要望頂きましたので安楽器の記事を書こうと思います(←弱
何ヶ月振りだろうなあ……

そんな訳で、トップバッターはやはりPLAYTECH。
LP-500 PREMIUM Quilt top P-90 シリーズ(←長い)に、トランスペアレント系の新色が3本出ております。
LP-500 PREMIUM Quilt top P-90 Transparent Red LP-500 PREMIUM Quilt top p-90 Transparent Purple LP-500 PREMIUM Quilt top p-90 Transparent Blue
PLAYTECH LP-500 PREMIUM Quilt top P-90 (Transparent Red/Transparent Purple/Transparent Blue) 各17,800円

記事はこちら→PLAYTECHギター新商品発売!
記事の日付は12/15……実に2ヶ月前の発売です。全然新商品じゃないですね俺。すいません。
OTOYA MOVIEはこちら→Otoya Movie Playtech エレキギター LP-500 Premium Quilt TOP P-90 NEW COLORS
いつの間にかYouTube使う様になってるんですね。全然チェックしてなかったんでいつからか知りませんが(汗
カスタマーレビューはまだ一件もなし、と。まあ、色が変わっただけで音とか形は前のカラーと変わらんと思いますが。

PLAYPACKにも新色が出ています。
PLAYPACK Dark Blue PLAYPACK Yellow PLAYPACK Metallic Red
PLAYTECH PLAYPACK (Dark Blue/Yellow/Metallic Red) 各9,580円

記事はこちら→PLAYPACKに新カラー登場!
新色とは言っても元々単品で売られていた物なんですg……おや?
「ダークブルー」というのはST250の単品の中にはありませんね。メタリックブルーと書き間違えたのか、今後単品でもダークブルーが出るのか……ちょっと謎ですねこれ。ブルーを厚く塗りすぎて、色が濃くなっちゃった物をダークブルーとして売ってたり…はないよな、流石に。
てか、もう紛らわしいんで、ST250は全色PLAYPACKで出しちゃえばいいのにね。あと、ローズウッド指板とメイプル指板で有ったり無かったりするのがあるのも面倒なので、全カラーでローズウッド/メイプルを選べる様にしましょう。ネックはデタッチャブルなんだから出来るはず。
実際のところ、同じくデタッチャブルネックのテレキャスタータイプは、TL-500以外全部ローズウッド指板とメイプル指板の選択が出来る訳でして。
そいえばTL-250には“DARK METALLIC BLUE”なるカラーが存在していますな。しかも、カタカナ表記はローズ指板モデルが「メタリックブルー」で、メイプルは「メタリックダークブルー」。どれなんだよ一体
色に関しての謎は深まるばかりです。さすがにST250+PLAYPACK+TL-250を全部買って検証する気にはならんなー。

それから、新製品情報ではないんですが、レスポールタイプの妙なウワサ。
「LP400」シリーズというのはPLAYTECHのレスポールタイプの最廉価版の型番ですが、LP400 BLACKだけグレードアップしてねえ?という話。
LP400には以下の5本があります。

LP400 CHERRY SUNBURST LP400 BLACK LP400LH BLACK LP400 Lemon Burst LP400 Violin Burst
PLAYTECH LP400 CHERRY SUNBURST PLAYTECH LP400 BLACK PLAYTECH LP400LH BLACK PLAYTECH LP400 Lemon Burst PLAYTECH LP400 Violin Burst
この内、Lemon BurstとViolin Burstは価格も違うし(12,800円→13,800円)発売当初からスペックも違うので、(紛らわしいけど)とりあえず無視。
で、同じ価格(12,800円)という事を頭に置いてから見ると、レフティのLP400LH BLACKに比べてLP400 BLACKが立派過ぎるんですよ。
具体的には、
  • ピックガードが存在する
  • ネック・ボディ共にバインディングが巻いてある
  • ノブ・エスカッション・スイッチ部のパネル・ナット・裏ブタの配色が違う(LP400LHは全部真っ黒)
  • ボルトオンネックではなくセットネック
これだけ違いがあります。上の3項目はLP400 CHERRY SUNBURSTもそうですが、ネックはボルトオンです。
OTOYA MOVIEを見ると、初期のLP400 BLACKはまさにLP400LH BLACKと左右対称であった事が分かります。果たしてこれはLP400 BLACKのモデルチェンジなのか、単なる写真の貼り間違いなのか……
(と、今気付いたんですが上の3項目に関しては、LP400 CHERRY SUNBURSTのパーツをLP400 BLACKに流用していると考えればしっくりきますね。とはいえボルトオンとセットネックに関してはやはり謎が残りますが)
これもやはり「買って検証」というのは無理なので、謎を謎のまま残して次の項目へ(ぉ

とりあえずここまでで一度アップしますか……とか書くと次の更新がいつになるか分からないという法則がありますが(汗
次回はサクラ楽器のアレとかイシバシ楽器のソレっつー事で。



posted by ImpactDrill at 11/02/15 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。