2011年02月09日

私とコンピュータ 番外編 暗黒時代とKさん

「私とコンピュータ」高校生編……の前にちょっとこれを見て頂きたい>リンクスの書き込みログをCG化する!
これがリンクスの画面です(標準のものではなく、背景はMSX版ツインビーの物になってますが)。
前回、私が書いたソレっぽい文章は、まだエミュレート能力が足りなかったですね。そう、濁点・半濁点も1文字食うんですよ、MSXの文字って。
なんからしくないなーというのはフォントのせいかと思ってたんですが、多分このせいですね。いやまあ、どうでもいいと言えば非常にどうでもいいのですが。まあ自己満足の世界という事で。
さ、高校生編を書くとしますか。

高校に入って半年ほどで、すでにその学校に入ったことを後悔しておりました。なんというあんまりな始め方か。しかしまあ事実なので仕方ない。
自分の実力で入れそうなギリギリの学校に、目的も特になく入るものではありませんな。中学時代はそれなりの成績を保っていた私は、高校に入った途端にものすごい急降下をたどります。
理数なんざ80点以上が当然、90点台もコンスタントに取っていたものが、高校の試験では0点のところにお情け(計算が途中までは合ってる、とか)で2点とか連発。1桁の点数取った時のショックはさすがにデカかったw
当時、学年で360人くらいいたのかな。成績がその内の350番台とか、もう、どこに出しても恥ずかしい劣等生一丁出来上がりであります。
原因はまあ、授業がつまらない←→分からないの正に悪循環で、授業の時間は睡眠時間と化し、自習などもまるでせず、放課後、バラバラの高校に散らばってしまった中学時代からの友人達と会い、ゲーセンでストリートファイターIIダッシュに興じるのが唯一の楽しみ……そんな生活。
それが原因でクラスの奴らからはゲーオタ呼ばわりされ、爪弾きにされるだけならまだしも、色々とちょっかいかけられる訳ですよ。カツアゲに合ったり暴力沙汰に巻き込まれたりしなかったのがまだ救いではありますが、 後に筋肉少女帯の「蜘蛛の糸〜第二章(Amazon)」を聴き、 Leafの「(Amazon)」をプレイし、 「俺そのものだ……!」と唸ったのはけして大げさな話ではありません。
そいえば体育祭の日に「トイレでタバコ吸うから見張りをしてろ」と命令された時はあまりに馬鹿らしくて途中で帰っちゃったんだよねw その後色々エスカレートしなかった所を見ると、「からかってた」「馬鹿扱いしてた」「いじめに近い事をしてた」、画一的ではなく、色んな奴がいたんでしょう。まあ、全員死んじゃっていいですけどね。

うーん、コンピュータ、出てきませんねー(汗
まあ、もうちょっと鬱文章続くけど我慢して下さい
担任のタナカってのがまた役立たずでね。まあ、窮鼠であるところの私はタナカに泣きつく訳ですよ。タナカは私の話に出てきた奴らを呼び、「お前らー、ドリル(仮名)をいじめるなー」。注意の儀、終了であります。そんなもんエスカレートする一方に決まってんだろ馬鹿か!!タナカは一度受け持った生徒を失う経験をすると良いと思ったね。私がその生贄になる気はさらさら無かったが。
決定的にあの連中と合わないと分かったのは、やはりスキー旅行(山国だったのです)や修学旅行などの共同生活をヨギナクサレた時の事です。
私はもうずっと孤独でいようと思い、CDウォークマンと、友人から借りたムーンライダーズの名盤『最後の晩餐(Amazon)』を持参し、自由時間はずっと延々リピートしていました。「プラトーの日々」は未だにムーンライダーズ1の名曲だと思っています。緊張感のあるメロディーと編曲があの時の自分にオーバーラップしてしまいましてね……
で、まあ、部屋の隅でずっとCD聴いてんだからほっといてくれれば良いんですよ。だっつーのにわざわざ何聴いてるのか確認に来て、これも名曲の「はい!はい!はい!はい!」を変な曲名だと笑うのですよ。死ねよ佐藤(←それは違う で、連中が普段何聴いてるかというと、名前も忘れたが、オリコン10位以内に入ってる様な歌ばかり聴いてるのな。さあ、メジャー・ミュージシャン嫌いの傾向はここで極まりますw
2ちゃん風に言えば「自分の聴く歌も自分で決められない情弱ワラwwWwwWWwwwWw」とかそんな感じですよ。まあ、考えてみりゃ、私も友人のオススメを借りて聴いてた訳で、情弱っぷりは変わらんのですが。
とにかく、売れてるミュージシャンを嫌悪していましたね。あの頃は。嫌悪はしないまでも、今もあまりメジャーな物は聴いてないがw 洋楽ばっか聴くようになった時代もあったりね。

それでも私がスクールエスケイパー((c)伊集院光)になったり、死んだりしなかったのは、数少ないながらも友人と呼べる人がいたし、授業によっては教室の席順で「くだらない世界の中で唯一くだらなくない君」が隣の席にいたから。 さあ、いよいよ筋肉少女帯の「レティクル座妄想(Amazon)」じみて参りました!w
はい、この段落すごい重要ですよー!テストに出ますよー!もしテストになんか出やがった日には、俺はもう隠者として一生を送る他ありませんけど。
古文の教師はユーモアセンスにあふれた良い教師で、私もこの先生は嫌いではなかったんだけど、いかんせん古文の成績自体は悪かった(汗
クラスの男子の奴らの工作によって、女子にも「バッチイ物」扱いされていた私ですが、ある古文の授業中の事です。
私はいつもどおり、一番前の席で惰眠を貪っておりました。ほぼ全授業を睡眠時間に当てていた私の事ですから、時折目を覚まします。その、ちょうど目を覚ました最悪のタイミングで、教師が私を当て「今言った問いに答えよ」と仰った。答えが分かるかどうかの問題ではありません。私には教科書の何ページで何が行われていたかすら分からない訳でw 「問い」が何かも分からんのです。
とりあえず立ち上がって悩んでるフリ。教師と、授業を聞いてんだか聞いてないんだか良く分からない生徒達の視線が私から離れた、その瞬間、隣の席の「くだらなくない君」Kさんが、スッと古文の辞典にマーカーを引いて、私に渡してくるではありませんか。私は訳も分からずマーカーが引かれた部分を音読、それが問いに対する正解でありました。
敵しかいねえと思っていたクラスに味方がいました。しかも女子!惚れない訳がないじゃありませんか(いや、あまりにも勉強出来ない馬鹿を見かねただけかも知れませんけど!)。しかし私はクラスでバッチイ物扱い。声をかけられる訳もありません。私の暗黒生活にKさんを巻き込んでしまうのは下の下です。ストーカー(という言葉は当時まだ無かったと思うが)にもなる訳が無い。Kさんは「くだらなくない君」で、恩人で、惚れた相手です。危害になる事なんか出来る訳が無い。 その意味で私はまだ正常でした。筋少の「蜘蛛の糸〜第二章」の主人公は蜘蛛の糸を登る為に「くだらない人達の中で明るく笑った君」をこの世から消そうとします。私はそこまで壊れてはいなかったのですね。逆に、壊れなかったのはKさんのおかげかもしれません。Kさんはくだらない人達の中で明るく笑う…といった性格の人では無く、休み時間は自分の席で静かに本を読んでいる人でした。卒業文集(その後、焚書)によるとKさんは天文部に所属していました。星についての本だったのかもしれません。俺も(当時は名前すら知りませんでしたが)カール・セーガンでも読んでおけば良かったよ!
同様に自分の席からロクに動かなかった私ですが、私の場合は「孤独な存在」、Kさんは「孤高の存在」でありました。「惚れた」なんて言葉をさっき使いましたが、むしろ私のとってのKさんは「憧れ」「崇拝」の対象だったのかもしれません。

だから、(ほとんど会話とも言えない様な)声をかける事が出来たのはその後1回だけです。あの学校では現代文・古文・数学あたりの席順が同じで、次の授業が数学だったのですが、Kさんは机に現代文の用意をしていました。

「あれ? 次、数学だよ?」
はい、私のターン終了!一生分!!早いなおい。
お礼を言われた気がしますが、心臓はバクバクで、Kさんの反応をほとんど覚えていません。もったいない事をしたのか、これで良かったのか……一生この2回の会話(会話かなあ…)を忘れる事は無いでしょうし、私が他に何か出来る事はあったのか、それに対する答えも一生考え続けてしまうのでしょう。たたでさえ回転数の悪い脳味噌だってのにね!w
俺は喫茶店「安眠(あみん)」のマスター36歳かよと。はい「さだまさし / パンプキン・パイとシナモン・ティー(Amazon)」より引用で御座います。お人よしで引っ込み思案で照れ屋で間抜けの複雑な性格なのか、私は。「お人よし」以外は間違ってない気もするが。

少なくとも、Kさんの影響で、低身長・丸顔・短髪・読書好き……という属性に惹かれるようになったのは間違いないでしょう(今までの文章台無し)。
私が今後Kさんに会う、会える可能性は果てし無く低いでしょう。でも、もう一度会話をする機会を得る事が出来たならば、高校時代の話をしたい。高校時代は私の暗黒時代でしたが、今のニート生活も似た様な物…というより、世間様から見たならば高校生とニート、今の方が暗黒時代に見えるでしょうね。だからこそ、もし会話ができるなんていう僥倖に恵まれたならば、今こそ普通に話が出来る気がするのです。
私には「孤高」に見えたKさんは、あの時代、何を考えて生きていたのか。天文部は楽しかったのか。私は辞書を借りた時にお礼を言えていたのか。私に話しかけられた事により、その後の学校生活に悪影響は無かったか。……どれだけ自分に自信がないんだろうね、私は(汗
100%無いと思いますが、もしもこのサイトをKさんが見ていたら、Skypeでもチャットでもいいから、コミュニケーションを取りたいですね。そんな事は絶対無いんだけどね。それにこの文章読んだら、引くぜ間違いなくw
高校卒業の1年後、同窓会とやらがありました。一縷の望みにかけて、殺したい奴ばかりの、その会に出かけました。Kさんは当然欠席でした。あんな会に来る人では無い事なんて分かっていました。店の人も元担任のタナカも全く注意もせず、全員ビールを飲んでいました。私もヤケになって飲み、帰宅した後、家の庭でげえげえとすべて吐きました。当時18歳にもなっていたのに恥ずかしい話ですが、両親にこの惨状の原因をすべて話し、悪酔いと気持ち悪さと悲しさで、その場で号泣してしまいました。情けない話です。

ごめん、コンピュータの話とか全然出てこなかった。ある程度まとまった文章になってしまったので、とりあえずここまでを番外編としてアップ。
朝も早くから(※この文章は6時前から書き始めています)何書いてるんだろうね。
次こそはX680x0の話をしたいと思うが……あてにならんなー、私の約束事は。



posted by ImpactDrill at 11/02/09 09:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
そろそろ楽器の記事が見たい!←

プレテク新しいカラーのギター出たみたいですね。
Posted by toks at 2011年02月12日 12:16
>そろそろ楽器の記事が見たい!←
申し訳無い……
PLAYTECHのレスポールタイプの新色とか、サクラ楽器の新店舗がやたらEliothに似ててやっぱり似てる安ギター出してるとか、MavisのサイクロンタイプとかHSHストラトとか、書かなきゃなーという事はたくさんあるんですが。
Posted by ドリル at 2011年02月13日 00:49
なんだか、涙が出た。
Posted by いんちき at 2011年03月02日 12:19
まあそういう時もありますよね
Posted by うりたん at 2011年03月08日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。