2010年12月19日

Photogenic製ムスタング(とっくに)発売中

例によってとっくに発売されてる新製品をご紹介するバカズライフでございます。
もう何ですよ、開き直りまくりですよ。はい、情報が遅い分さっさと前書きは飛ばしますよ。

安ギターの代名詞とも言われるPhotogenic(いつも思うんだが、これって褒め言葉じゃないよなあ)Photogenicより、やっと?ついに? ムスタングタイプの安ギター発売です!

というかとっくに発売中です!発売されたのは今月の頭くらいではなかったか。2週間越し。この前のエントリより、判明から文章化までの間が長いぞ。

さて、私事はさておき、スペックを見ていきましょう。
ボディ材はPhogenicにしては珍しく(←失礼)アルダーを使用。
メイプルネックにローズウッド指板のボルトオン。スケール610mmのショートスケール。フレットは22フレットと、いつも通り基本は押さえております。
ピックアップはシングルコイル×2を ON-OFF-ON のスライドスイッチで切り替えるムスタングと同じ仕様。フェイズアウト・サウンドも鳴ります、多分(←おい)いや、自分でいじってないし、そもそも実物を見た事も無いからね。
コントロールは1Vol,1Toneとジャックを金属にプレートに乗せた、これまたムスタングと同じ仕様。これがあるおかげで、一見このMG-200は実にムスタングらしい外見をしています。

一見?という事は本物のムスタングと違う所があるのか?……いやまあ、わざわざ安ギターのムスタングタイプを買おうなんて人はもう分かってるでしょうが、ヴィブラート・ユニットがムスタング用のダイナミック・ヴィブラートではありません
では、安く上げるためにストラトキャスターと同じシンクロナイズド・トレモロを使用としているのか、というとこれも違う。何故か分からんのですがMG-200には、ジャガー/ジャズマスターに搭載されているフローティング・トレモロが使われています。
ムスタングタイプなのにフローティング・トレモロが搭載されている安ギターというとTBS謹製のムスタングタイプがそうでしたが、値段は倍ですか。まあいいけど。
TBSのムスタングタイプは「ボディ材:ナトー」となっているし、こう、名前は分かりませんが「トラスロッドが回し易いようにボディとピックガードを一部カットしている」加工を施してあるので、そのままMG-200と同じものではないとは思いますが……まあ近い物はあるのかな。
29,800円出すならLegend製にしま……もとい、どっちも買わない、買えない、ムスタングはそもそもあまり好きじゃないし、ちょっと安ギターとは言えない価格だし。
逆に、ブリッジがダイナミック・ヴィブラートでなく、価格も安いMG-200には若干興味はありますが。

Phogenic製ムスタングタイプ MG-200は、Legend製のLMG-01と違い結構店によって価格に差があります。LMG-01はどこ見ても29,800円なんだよね。下げちゃいけない取り決めでもあるのか、下げると儲けが無いのか……
MG-200が一番安いんじゃないかと思うのは「楽器de元気」、送料込みで12,600円です。

第一楽器わんわん SOUNDWAVEchuya-online の3店が送料込み13,800円で続きます。
それにしても。上記で紹介した店、最初に画像リンクを張ったサクラ楽器も含めて5店舗、どの店もMRD(しかもマッチングヘッド仕様)は売り切れてるんですね。もう、狙い通りに売れている感じですね。
MRDがまだ残っているのは、楽器ランド サンクスお宝ギターズ、(13点セットで2,000円ほど高いけど)VAPSの3店舗ですね。12/19 18:17現在での在庫です。
最後に紹介したVAPSという店は、MRDしか売ってない上に13点セットしかないという……ちょっとアレな感じがしますな(汗 今回はサクラ楽器もいきなり単品売りをしていると言うのに。



posted by ImpactDrill at 10/12/19 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。