2009年02月15日

『さよならピアノソナタ』面白い

次々に新しいラノベに手を出すわたくし。
それは『涼宮ハルヒの驚愕』が何時までも何時までも何時までも発売されなかったり、『ゼロの使い魔』を11巻まで読み12巻を発売直後に購入したもののそのまま部屋の中で行方不明になり、あれよあれよと言う間に15巻まで発売されてしまい、さてどうしたものやらと途方に暮れていたりするのが主な原因なのですが(どうでもいいけど発刊ペースが両極端過ぎねーか? この2作)。

今回買ったのは『さよならピアノソナタ』。痛ギタースレで>>600氏がオススメしてたので。
まだ100ページも読んでいないのだが、ふふ、これは面白い。ちょっと気に入ったシーンを引用。

「おまえ、前にギター始めた時続かなかっただろ」「だから、男がなにか始めようと思ったら、モテるためだって考えるのがいちばんいいんだよ。認めちゃいなさい。そして今度こそ途中で投げ出したりしたら一生彼女ができないと思え」
名セリフであると言えよう。
そうか!俺に彼女がいないのはFが押さえられないからだったのか!!(←それは違う

読んでると、とりあえずギターの弦代えてチューニングだけでもしとっかなとか、スタジオ行ってドラム叩きてえ! とかいう気分になったりするのも良い。ま、その分読むスピードは加速度的に遅くなっていく(←?)訳だが。

ちょいと前に買った最強に細いベース弦(40,60,70,95だ)をこのベースに装着しようと思ったところ、弦を切る用のニッパが見つかりません(汗 PICKBOYのストリングカッターならあるんだが、コイツでベースの4弦とか切ると一撃死するほどのヘナチョコさなので使えたものではありません。ギターの巻き弦の時点ですでに切れ味が弱まる有様。
そんな訳で最近は弦を切る時には自転車用のワイヤーカッターを利用していたのだが、コイツが見つかりません。買うと3,000円以上するので、さすがにもう1本買うのもアレだし。どうしよっかね。む、

……とりあえず続き読むか。「とらドラ」ほどのシリアス展開にならなさげだから読んでて気が楽だしな(いや、あっちはあっちで面白いんだけど、読み終わるとすごい疲れてる自分に気付いたりするので)。
BGMはジミヘンじゃー! Killing Floorじゃー!!


学校の屋上で可愛い先輩とAria ProIIを改造とかどこの妄想小説だよ!!(挨拶)
安ギタースレ・痛ギタースレ両方の住人であるわたくしには目の毒でございますよ。
読み終わりました。2巻以降を買いに行こうと思います(←ニッパーは?)。



posted by ImpactDrill at 09/02/15 10:46 | Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
どうも、痛ギタースレからお邪魔します。こちらでははじめましてですね。
いつも画像をまとめて頂いてありがとうございます。

久しぶりに拝見したら、さよならピアノソナタの記事が・・!いやー布教した甲斐がありました!(ぁ
ニヤニヤを共有できる人が増えてうれしい限りですw

くそぉ、僕も最初に買ったベースはAriaProUだったのに・・!かわいい先輩と改造できなかったのが悔やまれる!(ぉ
Posted by 600 at 2009年02月21日 04:39
へい、いつも600さんのカッティング技術の成果を鑑賞させて頂いとります。
(安ギター.jpの方、特にこのブログは見てない人がほとんどだと思ってましたw)

「さよならピアノソナタ」は、この日記書いてから1日1冊のペースで読んでたので3日後には既に読み終わっていたんですが、なんか物足りないというか、「え、これで完結?」みたいな気分になってしまったので、感想はあえて書きませんでした。
どーでもいい日常の1コマとか、ナオが昔ギター始めた時の事とか、ずっと同じクラスの幼馴染というオイシイ設定だというのにイマイチ存在が地味な千晶の一人称での話とか、先輩があーなった軌跡とかw、続きは書けないだろうけど短編集で外伝を出して欲しいなあとは思います。
ちなみに私が始めて買ったギターはK-Garage、ベースは謎の店の5,000円のヤツ、しかも社会人になってからなので屋上で先輩と改造とか出来る訳も無く……もっと早く楽器始めていたら…!(←ねーよw

そいえば、600さんの使っているジャズベースってどのメーカーの物ですか? シンライン風のジャズベースって珍しいですよね。
Posted by ドリル at 2009年02月21日 16:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。