2008年11月11日

愛とは決して後悔しない事

ここのところ、2chの安ギタースレ・痛ギタースレを見に行く事がめっきり減った。
原因ははっきりしていて、一時期は減ったはずのアホみたいな議論が、また湧いてきたからだ。

曰く、「そもそも安ギターの定義って何?」「3万円超えたら安ギターじゃねえよ」「中古で安いギターは入んねえだろ?」「お前のギターは安ギターとは言えねえよ」「貧乏人の集団がいるスレはここですか?」「お前ら高いギター弾いた事ねえんだろ? 可哀相に」「結局は値段じゃねえよ、腕だろ」「下手糞が高いギター持ってもしょうがないだろw」「白いSG持つとアニオタだと思われるのが我慢ならん」「アニオタ死ね」「そもそも白いSGを使ってたのは(略)などのアーティストがいるわけだが、アニメに登場したせいでオタに思われる」云々

曰く、「痛いギターが痛ギターだろ? カッコ良く装飾したのは痛ギターじゃねえよ」「お前のは痛さが足りない。もっと痛くしろ」「カッコ良く装飾したギターはこのスレの範疇じゃねえだろ?」「そもそも痛ギターの定義って何よ?」「アニメとゲームのキャラが貼ってありゃいいのか?」「市販のシール貼っただけなのは痛ギターって言わねえよ」「お前のカッティング、下手だな」云々

愛想が尽きる、とはこういう事だろうか。つい先程、久しぶりにスレッドを巡回したところ、この手の議論とも呼べない言い争いは加速していた。スレッド自体が900番台だったり、1000まで言って終了していたりしたので、そう長時間読んでいた訳では無いのだが、読み終わってどっと疲れた。まだこんな馬鹿みたいな話でスレを消費しているのか。

こんな日本語ドメインを取得し、こんなページがキラー・コンテンツとなっている、このバカズサイトだが、最早、行き先がさっぱり分からない。


考えてみた。安いギターでも(その所有者にとって)高いギターでも関係ない。アニメのキャラが使っていたからって理由で購入しようと関係ない、もちろん逆の場合でもだ。人から痛ギターと呼ばれようと、全然痛くねえよと言われようとも関係ない。
自分自身が、そのギターを購入し、弾き、好きなキャラやデザインで装飾をし、リフィニッシュをし、改造を施し、時に壊してしまったとしても……これらすべての原動力は愛なんだと私は思う。
その結果、他人に何を言われようと、「俺はこのギターを愛している!」と叫んでしまえばいいんだ。

そんなわけで、安ギター、痛ギターに続き、「愛ギター」というものを提唱しよう。汝の楽器を愛せよ。"i-Guitar"とか表記したら、林檎マークの会社に訴えられたりするだろうか。

以上、ここ数週間、マトモに練習した楽器がスタジオのドラムだけ、というワタクシの戯言でした。説得力ねえなあ。


posted by ImpactDrill at 08/11/11 17:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
確かに最近、どうでもいい議論が増えてきてますね。
僕も投稿したりするのですが、元ネタの作品批判をされたりして、見る気も作る気も失いかけています。
少し前の雰囲気に戻ってくれればいいのですが・・・
どうなるんでしょうかね。
Posted by at 2008年11月20日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。