2008年10月02日

安ギター・生産中止情報

こんなドメイン取ってるからには、たまには安ギターのことも書かないとね。
とはいっても今回はあまり喜ばしい事ではなく、生産が終わってしまった安ギターについての情報です。最近知ったものが多いので、「遅ぇよ!」とか言わないで下さい。自分でも分かってっから。


Legend

  • LST-DLX - 桐材を使用したストラトモデル。通称「桐伝説」。木材・ボディのカラーバリエーション・パーツの差異でLST-Xとの差別化を図っていたが、今年になって素材が桐からLST-X同様にアルダーに変更、そのまま生産終了となる
  • LJB-DLX, LPB-DLX - それぞれ、桐材を使用したジャズベースとプレシジョンベース。で、やっぱりアルダーに変更後、生産終了
人気のあった桐モデルが全滅。結局テレキャスの桐モデルは出なかったなあ。

BACCHUS UNIVERSE

  • BST-350/R(or M) - ストラトモデルの高い方。/Rと/Mは指版がローズウッドかメイプルかの違い。「安い方」のBST-250は継続
  • BST-SSH - ストラトモデルのSSH配列(ハムバッカー搭載)版
  • BTE-350/R(or M) - テレキャスモデルの高い方。「安い方」のBTE-250は継続
  • BTH-380SM, BTH-380SR - テレキャス・シンラインモデル。SMとSRでは指版だけでなくボディのカラーバリエーション、ペグなども違っていた。これでバカユニからのテレキャス・シンラインは全滅となった
定価で4万円以上の物は割愛。Legendもそうだが、一番安いモデル以外を終了したってことか

謎の店 (Yahoo!出張版)

ギター・ベースとも、パーツ・周辺機器を除きほぼ全滅。まれに入荷する事が無いことは無い、というレベル。


この栄枯盛衰の業界において、潰れることもなく、モデルを減らすこともなく、新しいモデルを増やす一方のPhotogenic(又の名をSelder(又の名をTony Smith(又の名をMaison)))ってスゲエと思うわけですよ。


posted by ImpactDrill at 08/10/02 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。