2008年09月25日

多弦な楽器

例によってギター鑑賞。今日は K です。

お、なんかリッケンバッカーのギターが増えてます。しかし、せっかくのリッケン様なのに、12弦が1本も無いというのがな。やはり貴重なのか。
そもそも中古のリッケンは良く見ますが、新品というと、これがなかなかどこの店にもありません。
直接リッケン本社にオーダーでもしなけりゃ買えんのかね、ひょっとして。

12弦ギターを見なかった代わり(代わりというのか?)に、より珍しいものを見ました。存在することは知ってましたが、見た目がすげえ無茶で笑えます。TUNE オフィシャルサイトのTUNE Bass→TWX ModelのPDFなど見てもらうとよろしいかと。

普通のベース(というのは当然4弦を指す)は、ギターの6〜3弦(ミ・ラ・レ・ソ)を1オクターブ下げたチューニングですが、8弦ベースは、ギターの6〜3弦をそのままベースの弦の隣に並べたようになっています。
だから、ヘッドは、ギターペグ・ベースペグ、ギターペグ・ベースペグと順番に四組並ぶことになります。その構造上、ネックが細いと簡単に曲がってしまいます。
スラップ奏法も難しいでしょう。ピック弾きでなければ、普通に弾くことすらままならないかと思われます。あと、左手の指にかなりパワーがいる上に、割と痛いかと(ぉ ベース弦1本だけでも痛いっつーのに。

素直にオクターバーとかピッチシフター使ったらどうかと思いましたが、まあコダワリのある人が使う機材でしょうから、トーシロはマルチエフェクターでも使ってやがれこのトーヘンボクが! …とか、そういうことなのでしょう。


ところで多弦といえば、弾きたい曲に12弦ギター使うのが多いんですが、どうするべきですかね。
例)「青春」(THE HIGH-LOWS)、「創世児」(THE YELLOW MONKEY)
どっちの曲もいきなりイントロから12弦ソロという。

やっぱりVariax(Line6)を1本買って、そこでギター購入を終わらせる、というのが一番安上がりでしょうか。


posted by ImpactDrill at 08/09/25 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。