2008年09月20日

参った……ッ

参りましたよ。

前回の騒動に引き続き、あ、いや、鬼下痢とか財布無くしたとかじゃなくて、我が家サーバのトラブル発生。姉さん、事件です(←言い直さなくても

今回問題が発生したのはデータ用ドライブ(300GB)。その内部の多くはつまるところ、買ったきたCDをビットレート320kb/sでリップしたMP3データである。。最初の頃は128kb/sでリップしてたので、単純に容量を曲数で割るよりもっと多いと思われます。円歌の落語とかも入ってるしな(ぉ
そりゃ、CDメディアはあるから、データが飛んでも理論上復旧は可能ではあるけど、ウチに一体何百枚CDがあると思ってんだ!(←誰に怒ってんだよ

データが飛んだだけなのか、ハード的な故障なのか、完膚なきまで壊れてるのか分からないが、一度ケチ付いたHDDを使うのはswap以外ではちょっとゴメンなので、また新しくHDDを買わなければならない。
300GBのHDDが6千円台、1TBのHDDが1万1千円台とか考えると、どの容量を購入するのがベストなのやら。

ちなみに発見が遅れたのは、たまにちゃんと動いてたから。
あと、このデータ用ドライブ上のディレクトリを、他のドライブのディレクトリにマウントして使ってたから、どのドライブを参照するとマシンがプゲるのか分からなかった、ということ。あー、LinuxとかBSDとか分からない人はすいません。つーか、このブログって何系のブログだったっけ?

まー、とりあえずいったん電源落として該当のHDD取り出して、Windows側でSelfImage使って吸い出して見ますかねえ。吸えればいいけど……うわー! 何百枚ものCDをリップする単純作業はもういやだー!!

※追記
/etc/fstab から該当HDD関連のマウントを全て外してreboot…"REBOOT NOW"とか出てるのに終わりませーん。
ひたすら出まくるHDDのエラーメッセージ。仕方無いのでサーバのヘソ押して強制終了&再起動。

今度はたちあがりませーん。
LILO (なんかバージョン) Loading LinuxEBDA is big; kernel setup stack overlaps LILO second stage

とか出て止まりまーす。
ぐぐっても情報があまり無いです。
むー、こないだのapt-getが何か悪さしてるのか?
最悪、でびあん再インストールからやり直しの刑と相成るやもしれません。南無。

ヤケクソでジミ・ヘンドリックスの『Radio ONE』聴く。あああああああ、キリング・フロアーが素晴らし過ぎるぜ!!
そういえば一昨日が命日だったっけか。


タグ:
posted by ImpactDrill at 08/09/20 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Net
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。