2008年09月04日

Les P(中略)クセス 外伝「フランダースの犬はその時すべてを受け入れた」

タイトル長いよ! 何やってんの!

そもそも略した部分の正式タイトルは「母を探して〜」ではなく「母をたずねて〜」だったと気付いた31の夜。いや昼下がり。
名作劇場はトムソーヤを何話か見ただけだからねえ。エンディングの歌が良いんだよあれ。なんかミシシッピー川がどうしたとかいう。結局覚えて無いのかよ。
藤子作品以外はあまりアニメを見ない子でしたからね。せ

さあ、まるで本題と関係無いアニメの話は置いといて、手短に本題を済ますか(←済ますな
一番安く、それでいて安ギターではない、それなりの音を出せるのではないかという方法を思い付いた。

Epiphone ltd.ed. Les Paul Junior in PBSeymour Duncan SPH90-1b Phat Catを買って、パイルダーオンすれば相当安く良いカンジのレスポールJr.が出に入るのでは!? 色はともかく。

まあ、ハムのまま使ってもいいんですが。なんかねー、ソープバーというか、P-90とかP-100を使って見たいんですよ。ファストン端子使って、簡単に載せ換えが出来るようにしたりして。

ちなみに、GibsonでもP-94というハムサイズのP-90(ああ、ややこしい)がありますが、レアな上に鬼みたいな値段がします。あと、見た目が、角を落として真っ平らにして間延びしたP-90みたいでカッチョ悪い。こんな
SPH90-1 Phat Catの方が、ちょっと個性的なハムみたいで、元々ハムが搭載されてたところにリプレースするには良い気がします。

しかし、Epiphone LTD Les Paul Junior の素性が良く分からん。値段的にはPhotogenicやBlitzクラスですからねえ。安ギターなりのスペックではないかと。ボディはSolid Wood、ネックはNatoとかな。さすがにGibson傘下でそれは無いか? Melody Makerですらボディはマホガニーなんだし。

※Gibson傘下でも余裕であった。メイプルネックは良いとしても、ボディ材がMaple/Alderってなってるのが謎。メイプルトップには見えないし、アルダー使ってるとFenderっぽいし
 あと、Les Paul Special IIもそうなんだけど、ボルトオンなのがなー。Fenderなら良いんだけど、Les Paul系はセットネックであって欲しい。って、元々のJr.とかSpecialはどうだったっけ?


例によってEpiphone(Gibson)のオフィシャルサイトはアテにならんし。とりあえず売ってるものも、ディスコンなものも、全部載せとかんかい! ……と思っては見たものの、Gibsonの中の人も把握し切れて無いのではないかと。


posted by ImpactDrill at 08/09/04 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。