2008年08月27日

なんだかイヤンな弦

AriaProIIのベース用の弦を買いました。弦は同じメーカーの AGS-600
同じメーカーというのもさることながら、ベースの弦セットで700円という驚異のコストパフォーマンスを実現!(←OTOYA MOVIE みたいだな
エリクサーの弦だったら、一本しか買えませんぜ。

安い弦という選択肢の中では、PLAYTECH PBS-45というのもありましたが、なんか評価がボロクソなので却下。

んで、このアリプロ(←縮めんな)の弦、表は、

アリアベース弦


このように大変品の良いデザインなんですが、中を開けてみると……

アリアベース弦 1弦2弦
アリアベース弦 3弦4弦


こんな。
非常にアレゲというか、オカルティックな弦番号の示し方。夜中に開けたらちょっと怖い。特に一弦なんか、絶対横向きになんかしたくない勢いです。
写真撮ってる時も、指が一本増えたり減ったりした画像が出てきたらどうしようかと思いました。

もっとも、この弦のパッケージを見て一番疑問に思ったのは、6弦ベースの場合はどう表記するのだろうという点なんですが。
アリアは6弦ベース出してないから大丈夫なのか?
とりあえず、ギター用弦セットのパッケージがどうなっているのか、物凄く気になります。


タグ:ARIA
posted by ImpactDrill at 08/08/27 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
六弦の場合は5本指と指一本の組み合わせですよ。

決して6本指になったりしません 笑
Posted by at 2008年09月01日 01:53
そりゃそうですよねw
しかしこう、もうちょっとマトモな識別用のイラストは無かったものかと。
Posted by ドリル at 2008年09月01日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。