2008年07月27日

ほしいもの(6 | 7 | 10 | 12弦編)

えー、毎度おなじみ(←またかよ)物欲をさらけ出すコーナーでございます。なんだ、コーナーって。

とりあえずギターから


PLAYTECH PTR7450FR BLACK
PLAYTECH PTR7450FR BLACK

7弦ギターってことはさておいても、24フレット・フロイド・ロックナットで15,800円ってのは安いと思うのですよね。パーツ単位で買ったってこの値段にはならねえだろうってレベルで。
部品取りに購入というのはまあ、あれですが。ストラトのトレモロの調整に四苦八苦してるトーシロが、フロイドローズを別のギターに搭載などという神技が出来る訳ねえです。
7弦を張らずに普通に6弦ギターで使うのはどうか。普通のストラトとかよりは弦の間隔が狭まって、スリムネックっぽく使えたりとか。しねえか。


PLAYTECH SG250 Cherry/White/Black
PLAYTECH SG250 Cherry PLAYTECH SG250 White PLAYTECH SG250 Black

その昔PLAYTECHブランドで発売されたSGタイプのギター(型番忘れた)は「SGもどき」と揶揄され、いつのまにか、寂しく消えて行きました。
まー、確かに17フレットあたりからボディに埋まっているボルトオンネックではSGの良さも皆無というものでしょう。何の為のカッタウェイなんだか。
そのSGモドキがセットネックになり、ハイフレットも使いやすい形で帰って参りました。
以前の安SG界では、圧倒的に
Blitz by ARIAPROII  BSG-61 Wine Red

Blitzの人気が高かったようですが、さて今はどうなっているのやら。最近は安ギタースレに常駐してないから良く分からんのです。


PLAYTECH TL-300 Thinline Natural/Transparent Red/Mahogany
PLAYTECH TL-300 Thinline Natural PLAYTECH Thinline Transparent Red PLAYTECH Thinline Mahogany

何時の間にやらテレキャス・シンラインモデルまで出てやがりました>PLAYTECH
テレキャスを愛する者としてはシンラインも一本欲しいなーとは思っているんですが、Fender Japanのヤツは色がちょっとイマイチな感じで……サンバーストとナチュラルしか無いし。
PLAYTECHのシンラインはマホガニーが渋くていい感じですね。通常のテレキャスはナチュラルカラーに黒1Pピックガード最強!な私ですが(持ってないけど)、シンラインは渋い色の木目!、カスタムはオールブラック!、デラックスとビグスビ付はいらね! まあそんな感じで。

最近の注目株、SXからもシンラインが

でも、色はナチュラルとサンバーストなんですよね……

定評のあるバッカス・ユニバースからもシンラインが

黒とサンバーストとホワイトブロンド。うわー微妙。
ユニバースじゃない高い方はオイルフィニッシュ

かっちょえーのう。買えないけどな。
バッカス・ハンドメイド・ギターズは、フェンダー・ギブソンなんかのコピーモデルでありながらもオリジナリティを加えたギター作りが好きです。
ブラックオイル・フィニッシュ、フロントP-90なT-MASTERさわりてえー。近所にバッカス扱ってる店が無いんですが。


B.C.Rich Kerry King Signature Wartribe
B.C.RICH  Kerry King Signature Wartribe
や、このモデルに限らないんですけど、B.C.Richのスルーネックの変形ギターが一本欲しいなーと割と前から考えてたり。このギターのデザインも好きですが。
最高にカッコ良いと思うのは、B.C.Rich BICH PERFECT 10(前も書いたか)

意味の無い変形ギターではなく、10弦にするためのシェイプ。6弦は普通に張り、4弦は逆方向に張るというオリジナリティ。あえて12弦にしない個性。最高です。
他に類を見ないギターなので、弦を買うとき、ペグを交換するとき、修理に出すとき、苦労の多さは手に入れずとも分かりますが。

ふと思ったんだけど、フライングVってもう変形ギターって気がしませんね、メジャーになりすぎて。エクスプローラ・RD・ファイアバードあたりはまだまだヘンテコな香りがプンプンなんですが。あと、マローダーとか。


Rickenbacker 360/12
前言撤回するようでアレですが、12弦ギターが一本欲しいのです。そして12弦ギターといえばリッケンバッカー。
私はまだリッケンバッカーを持って良い器ではないので、欲しいってだけでして。
実際に買うとしたら、ダンエレクトロあたりの12弦になるかと思いますが。
ダンエレのギターは可愛くて良い。安いし。


LINE6 Variax 300

LINE6 Variax 600 BLACK/BLUE/SUNBURST/VINTAGE WHITE
LINE6  VARIAX 600 BLACK LINE6  VARIAX 600 BLUE LINE6  VARIAX 600 SUNBURST LINE6  VARIAX 600 VINTAGE WHITE


今までの話を台無しにします
この Variax シリーズはマルチエフェクターのギター版のように、一本のギターで
テレキャス・ストラトからファイアバード、12弦ギターにセミアコ・フルアコ、果てはアコギにリゾネーターの音色まで鳴らすことが出来るという有様(有様?)。
もちろん、コンパクトエフェクターに対するマルチエフェクターのように、デジタルにそれっぽい音色を作り出しているだけなんですが、自慢じゃありませんがモデリングギターの音と本物のギターの音を聞き分ける自信なんぞこれっぽっちもありはしません。
じゃ、Variax300一本買えばいいじゃんって話になるかというと、それがそうでもないんですね。
まず、見た目。切ない感じです。ギターですか?という見た目。それから改造が出来ない。マルチエフェクターをモディファイする人はそうそういません。それと同じですね。
カスタマイズもギターの楽しみと考えると、とてもじゃないですがVariax一本では物足りません。どうしたもんでしょう。


特にまとまりも無く収束。というか、欲しいものを羅列しましたが、買えないです。
まあ、今あるものを弾いてから物を言えと。とりあえずホコリくらい掃ったれや>私


posted by ImpactDrill at 08/07/27 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器
この記事へのコメント
はじめまして。
突然のメールにつき失礼致します。
私、編集プロダクション(株)GBの佐々木努と申します。
今回、ご協力いただきたい企画がありましてメールを差し上げた次第です。
私、週刊実話という週刊誌を編集しております。そこでこのHPに掲載されております、痛ギターを記事に掲載させていただけないかと思いご連絡を差し上げました。
以下簡単な企画

●雑誌名/週刊実話
●記事名/痛ッ!グッズ特集
●記事内容
いわゆる「痛車」「痛ギター」「痛インブラー」「痛パソコン」などのグッズを集めた特集記事を組みたいと考えております。
そこでHPに掲載されてある、写真等をお借りできればと存じます。

記事の制作期間が差し迫っておりますので、なるべく早めにご返答いただければ助かります。
よろしくお願いいたします。
Posted by GB佐々木 at 2008年07月27日 22:44
はじめまして。当バカズサイト管理人のドリルと申します。

さて、本題の痛ギター掲載の件ですが、申し訳ありませんがお断りさせて頂きます。

当サイトに掲載させて頂いている痛ギターは、すべて私以外の方が作成された作品です。
私はページに画像を並べているに過ぎませんし、自分で痛ギターを作成したこともありません。

画像はすべて2ちゃんねるの「痛ギター」のスレッドより転載したものであり、掲載依頼は実際に作品を作成した方にするべきかと思います。
しかし、2ちゃんねるの匿名性、このブームが一年以上続いている事などを考えますと、各作者にそれぞれ依頼をするのも事実上不可能です。

以上の理由で、私から掲載を許可することは出来ません。
期待に副えず、申し訳ありません。

蛇足ではありますが、痛ギターの作者の中にはご自分でブログを運営している方もいらっしゃいます。
ここでURLを掲載することは出来ませんが、そのような方に依頼することをお勧め致します。
Posted by ドリル at 2008年07月27日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。