2008年10月27日

Die Roboter

さっき書いた記事読み返してて思ったんですが、やっぱりロボギターにBigsby搭載して、うぃんうぃんアームを動かしてたら、チューニングシステムが過負荷でブッ壊れたりするんでしょうか。

いや、どうもGibsonのロボギターは本格的なシステム(こんな)と比べるとかなり簡易的なもので、カポタストすら使えないと聞いたもので。そりゃビブラートユニットを派手に動かしたら凄いことになりそうだなーと。

それはそれとして、安ギタースレッドの住人の方々(私もですが)が、こぞってBlitzあたりのギターに搭載しそうな予感。何しろギター代の数倍の金を改造に使ってしまう方々だ。
いや、俺も改造用にサンダーとか買っちゃってるから、全然人の事は言えないんですが。

というか、ウチにあるギターで新品15,000円以下で購入して改造を施していないのはデイジーロックのハートブレイカーぐらいのものです→理由:友人に貸してるから


posted by ImpactDrill at 08/10/27 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器

これは今まで無かった大革命♪

きになるおもちゃ様より。

ストップテールピース部分のアンカー(ここ)を利用して、ギターに大穴を開ける事無くBigsby B5を搭載できる、Vibramate V5が発売されたとの事(日本では未発売)。
ちなみにこの"Vibramate"という会社、コンテンツがこのVibramate V5しかないので、どんな会社なんだかサッパリ不明です。

モノ自体はメチャメチャ画期的ですね。今まで愛器のボディ大穴開けるのをためらっていた人(レスポールやSG使い)には朗報でしょう。
ちなみにお値段は$59.95とのことで、日本で発売されたら7,000円前後になるでしょうか。おお! そりゃすげえ! 安い! 国内で出たら買うしか! ウチのWestminsterのレスポールもどきに搭載するしか!
……とも思ったんですが、考えてみりゃBigsby B5の値段自体は変わったわけではなく、サウンドハウスでは15,000円です。プラス(多分)7,000円。うわ買えね。

Vibramate社には、次はテレキャスターにカンタンにBigsbyを搭載できるブリッジの開発をお願いしたい。最初から付いてる奴買え? ごもっともです。

もっとも、出りゃ面白いなってだけで、自分のテレキャスにトレモロシステムを装備する気はこれっぽっちも無いんですけどね。チューニングの安定性こそテレキャス最大の魅力!
ま、全然弾かずに吊るしとくだけじゃ、チューニングもクソもねーんですが。
posted by ImpactDrill at 08/10/27 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。