2008年10月05日

臆病者の反撃

「シングルのB面曲はアルバムに入れない」と言っていたBUMP OF CHICKENの、有り得ないはずだったB面曲集アルバム。


その言葉を信じて、全部のシングル(『LAMP』, 両A面シングルは除く)を買ってきた俺の立場は……
それだけならまだ我慢もするが、1曲だけ新曲入ってるのね。あーもう! 買えばいいんだろ! 買えばよう!! コンプしてやろーじゃねーかよう。
というか、ファンであるにも関わらず、発売後4ヶ月経ってから初めて気付くのはどうか。ちなみに俺が好きなのは「ラフ・メイカー」と「バイバイサンキュー」。


BUMPとは全然関係無いのですが、THE YELLOW MONKEYというロックバンドがかつてありました。この人達の楽曲がまーなんというか、コンプリートしづらい事この上ないのです。
ズバ抜けて揃えづらいのがこのあたり

  • Wedding Dress (『TRIAD YEARS act II』(ベスト)のみ収録)
  • Honaloochie Boogie (『TRIAD YEARS act II』『MOTHER OF ALL THE BEST(初回限定版)』(共にベスト)に収録)←Mott the Hoopleのカバー曲、そっちのトリビュートアルバムにも収録
  • Moonlight Drive (『SPARK』B面曲、『MOTHER OF ALL THE BEST(初回限定版)』に収録)
  • NEW YORK CITY LOSER (『SO YOUNG』B面曲、『MOTHER OF ALL THE BEST(初回限定版)』に収録)
  • バラ色の日々(のリミックス)
  • 聖なる海とサンシャイン(のリミックス4曲)

手に入れにくい原因のひとつとして、YELLOW MONKEYの活動時期が8cmシングルとMaxiシングルの以降時期と重なっている事が挙げられます。
都市部のちっこい中古CD屋では、8cmシングルなんぞ扱っちゃいないのです。Maxiですら有名アーティストのものしか扱わない店もあります。

実家(イナカです)に帰省した折、昔良く通っていた楽器屋に行きました。8cmシングルが平気で売ってました。新品で。カセットテープなども扱っており、俺は今、何時代にいるのだろうと、つかの間のタイムスリップ気分を味わいました。んで『SPARK』と『SO YOUNG』のシングル買って帰りました。

あ、楽器屋と書きましたが、ギター・ベースはお寒い限りです。4本くらいしか置いてなかったぞ。実家近辺にも練習スタジオというものがありますが、あの辺のギタリストはどこで楽器を調達しているのか。やはり通販でPhotogenicかPLAYTECHでしょうか。いい時代です。
昔、その楽器屋は「アルフィーの高見沢が良く立ち寄る店」として紹介されていまたが、まあ、大ウソであろうと思います。



と、ここまで書いたところで何気なくオフィシャルサイトを数年ぶりに開いたところ、シングル曲+カップリング曲を全部配信してました。うわあ、もう全然レアでもなんでもねえよ。
この文章の意味って何だったんだ。


posted by ImpactDrill at 08/10/05 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

ストラップとは言っても携帯用じゃない方

ギター・マガジン・オンラインより、個性を演出する新作ストラップ

左下の MC8TWA ってヤツが靴下の柄にしか見えないんですが。
あと、ダメージ加工ってアンタ、演奏中に切れたらどーすんですか。


と、この記事に便乗して、私が使ってきたストラップの紹介などを。

COMFORT STRAPP  Pro Guitar Long 97-114cmCOMFORT STRAPP Pro Guitar Long 97-114cm

「おお! それなりに高いストラップはやっぱ違うぜ!」と初めて思ったストラップ。スポンジ状の柔らかい緩衝材が滑り止めにもなって、ギターの位置が固定できてとても良いです。
固定されるのがヤダとか、柔らかさが裏目に出てみょんみょん伸び縮みするのがヤダという人には不向き。パフォーマーには向かないという事でしょうか。あと、サウンドハウス以外だと結構高い。
ちなみにより幅広のベース用というのも有ります。このギター用Longだと微妙に長いと思ったのでベース用のShortを買いましたが、身長160cmに微妙に足らない私にすら短すぎました。極端なんだよ、やる事が。


PEAVEY STRL7PEAVEY STRL7

安い! 幅広! 柔らかい! 重めのギターやベースでも比較的負担をかけずに構えられます。と言う訳で、私はベースに使用してます。ベースのメーカーはPEAVEYではなくAriaProIIですが。
値段相応の薄いストラップですので、チギレ始めたらイチゲキで死亡確認されるかと思いますが。


Fender  099-0682-000 モノグラムストラップFender 099-0682-000 モノグラムストラップ

ヤマハギター教室の体験入学に行ったら、何故かパシフィカにこのストラップが付いてました。なかなか具合が良い感じだったので、さっそくFender JapanのTelecasterに装備。ふふ、いいね。
まあ、ストラップの使い勝手云々は関係なく、Fender, Fender Japan, Squier のギターを持ってない人は買わないシロモノですよね。逆に、Fender好きは買っとけー、安いしー。


FERNANDES S-1000BLFERNANDES S-1000BL

特にお気に入りという訳ではないのだが、安いし、何処にでもとりあえず売ってるので何本か持ってます。
要するに、「幅広」か「柔らかい」のどっちかがクリアされてればいいんだな、私は。


Takamineの、なんかジーンズの生地っぽい紺のやつ(型番分からん)

メーカーも型番も見ずに、なんかジーンズ生地が渋めでいいなーと思って購入。こういうのはレスポールモデルに似合う気がするので、30年物のグレコ(Westminster)に付けてあります。
しかし、素材は割と固いので肩に結構食い込みます。でも、見た目はカッコいいんだよなー。


テスコのストラップ

一年程前、近所の店で1本200円という破格で売っていたので、全色揃えました。一緒にテスコのシールド(金色と銀色)も買いました
コレクターズアイテム的な価値はさておき性能面で言えば、まあ値段通りであるなあと(汗 昔使っていたという人の「使ってたらちぎれた」という話も見た事があります。飾っとけ、という事ですか。
シールドはノイズも少なく、色が派手なのも気に入っているので、今も使っています。


posted by ImpactDrill at 08/10/05 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。