2008年08月20日

琥珀色した飲み物(ミント風味)

私は炭酸飲料マニアなのですが、昨今の炭酸飲料業界の衰退は目を覆わんばかりの状況であります。
一番その衰退っぷりが分かるのはコンビニ。炭酸飲料のスペースは全盛期(←何時だ)の五分の一も無いでしょう。ほぼすべてのコンビニで酒類を導入したのが原因としてデカいとは思うが、それ以前に水・お茶の類の台頭が一番の原因ではないか。
ヘルシー指向だかなんだか知んないが、水でもお茶でもそれぞれ一種類ありゃいいだろう。紅茶は事実上午後ティーの一ブランド独占なんだし(たまにリプトンが頑張る事があるが)。

  • 水 → 軟水のクリスタルガイザー
  • 緑茶・ほうじ茶 → 伊藤園
  • 烏龍茶 → サントリー
  • その他 → 伊藤園

とか、硬水をわざわざ飲みたい日本人というのもあんまりいないだろうし。こうなっても大して困らないと思うのだが。
む、今ノウズイにパルスが走った。つまりこれはタバコのブランドなどと同じなのではないか。俺はタバコを吸わんので良く分からんが、吸う人は自分の好きな銘柄以外はまず吸わない(少なくとも自分では買わない)と聞く。
(私の友人で、大変マイナーな銘柄(ジョーカーだったかな)が好きで、かつ、喫煙マナーも大変良く出来た方がいるのだが、あまりにマイナー過ぎてどこにも売っていないため吸う機会が極端に減り、自動的に禁煙が成功してしまったという逸話がある)

だから、ペットボトルの水とか茶なんかどれだって同じじゃねーか、と私は言う訳だが「俺はヴォルヴィックしか飲まない!」「お茶は爽健美茶以外認めない!」と決めてる人はそんな事を聞けば怒り出すかもしれない。
そして私にこう言うのだ「じゃあ、お前はペプシが無くなってコカコーラだけになったとしても満足できるのか?」と。

すまん。

多分私はペプシが無くなったら耐えられない。更に、コンビニにNEXしか売ってないという現状を憂いてもいる。
ここでハッキリ言ってやるが、NEXはまずい。コカコーラが乱造しているノーカロリーなコーラも同様だ。
ダイエット・ペプシ・ツイストは奇跡的にノーカロリーで美味い製品であった。炭酸が抜けてしまっても甘ったるくならずにレモンジュースとして飲めるし。私は最強のコーラとして崇めていたのだが、やれブルーだレッドだゴールドだと、戦隊物の特撮番組の様に色々出しているうちに消滅してしまった。その色シリーズで美味いものなど皆無だったのは言うまでも無い。
それでも新製品が出れば買って飲むし(で、後悔するし)、夜中にどーしてもコーラ的な物を飲みたくなる場合、たとえそれがNEXやらZEROの唾棄すべき飲料でも、チャリを飛ばして買いに行ってしまうのである。


しかしながら、この炭酸飲料に厳しい状況は、なかなか面白い現象を生み出した。

  • 従来の製品は自販機で継続して販売
  • 新製品はコンビニで試験的に販売。店舗限定(ローソンのみ、とか)製品も存在する。定着することも稀にあるが、基本的に一定期間で消滅

という二分化である。例外としてコカコーラ4兄弟(無印・ノーカロリー・ゼロ・+ビタミン)はどちらでも販売している。

そんなわけで、私の家の近所の自販機にはめでたくペプシの500ml缶が入っている、のであるが……これがもう、取り出しづらくて仕方が無いのだ。夜中に自販機の前でしゃがんで、取り出し口から手を突っ込んでる様は怪しい人以外の何者でもない。
なお、1度だけではあるが、取り出し口に出てきた瞬間、缶の底に穴が空き、ぷしゅーとどんどんペプシが減っていく災難に見舞われた。その後どうしたかというと、缶の底に口を付けて飲みながら帰ったのであるが。人に会わなくて良かったと思う。


相変わらず前置きが長い。今回書きたいのはこれだけ↓だったのに。

  • ファミリーマートに行きました
  • カナダドライのマスカットソーダと、ファミマ限定のスコール バレンシアオレンジを買いました
  • 缶コーヒーの棚に FIREメンソール というトンデモ系っぽい飲み物があったので一緒に買いました

で、FIREメンソール。匂いは普通です。味も普通です。後味がミントです
しばらく缶コーヒーは飲む気にならないと思います。


posted by ImpactDrill at 08/08/20 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。