2008年08月15日

ストリートファイターIV

『諸君らがメシ代を削り、空きっ腹にも関わらず20キロ以上の道のりをチャリで踏破し、わざわざ隣の隣の市にあるゲーセンまで対戦をしに行くほど愛してくれたストリートファイター・シリーズは死んだ。何故だ!』

俺の家は、どこまで田舎だったのだ(汗

まー、いいたい事は色々あるんじゃけどな。まず、ストIVがあるということは、ストIIIがある。ストIIIがアーケードで売れたかどうかは知らん。ただ、ストIIIの3rdSTRIKEをプレイして、何て奥の深いゲームかと気付き、今でもXBOX360版にハマっていることは確かだ(これは、360が対戦ゲーム向きの機種であることも関係しているが、ここでは無視する)。

まあ、少なくとも、ストIIIがストIIより人気が無かったのは確かなのだろう。格闘ゲームのはやりすたりや、一見取っ付きづらいゲーム性など理由は色々あげられるが、ストIVにはストIIIで新しく登場したキャラが一人もいないのだ(豪鬼すらいない)。で、代わりにストII(スーパーは除く)キャラが全復活。スーパーのキャラの代わりに新キャラが4人。ストIVの開発者がストIIIが完全否定した事だけはハッキリと分かる。私がプレイした限り、ケンが神龍拳を使えるようになった事以外、ストIIIの影響はまるで感じられない。あ、投げが弱P+弱Kになってますね。そこだけストIIIってのも理解不能だなおい。

さて、とりあえずストIVをクソとした上で、何故クソになったかを考えて見よう。
ほらあの、ストIIIとIVの間にカプコン格闘ゲームキャラ夢の 狂宴 、いやいや、競演とかいう触れ込みの格闘ゲームがあったじゃないですか。マーベルコミックスとかSNKのキャラと戦う方がよっぽど夢だと思うんだが、まあ、ありましたよね。何? すぐゲーセンから消えたから覚えてない? バランスが無茶苦茶で、相手が使うキャラによってはまるで勝ち目が無かった事は覚えていると。
うんうん。確かにあれは夢だったのかと思うほど、ゲーセンからすぐ消えたよね。XBOXには移植されたものの、マイクロソフトの人もわざわざほとんどの人がプレイしないゲームを360で動かせるようにするとは思えないしね。過疎化は進む一方だ。
「カプコン・ファイティング・ジャム」って言うんだけどね。
私の予想では、アレ作ったヤツがストIV作ったんじゃないかってこと。
魅力的なキャラを何人も作るのは無理だから、過去のゲームのキャラから引っ張ってくるあたり、ソックリじゃないか。
まあ、ここはひとつ、この文章の冒頭のパクり元から返答もパクってみよう。

『作った奴が坊やだからさ』

殺されたストリートファイター・シリーズに黙祷を。
ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!ジーク・カプコン!
※以下、65536回繰り返し


posted by ImpactDrill at 08/08/15 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ・ゲーム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。