2008年08月11日

SUMMER SONIC '08 3日目(←なぬ?

帰ってきたよー。

んで、サマソニ3日目……まあ、秋葉で買い物をするのをコミケ4日目とするようなものです。例によって
三度、御茶ノ水へ行ってきました。

と、その前に、東京在住のの友人と新橋でランチ。おおー、出口にSLあるぜSL、すげーな新橋。
メシ食いながら、パラグライダーやりたいですねーとか、XBOX360持ってるなら斑鳩とDEADRISINGはマストバイ! DO IT NOW!! DO or DIE!! GUNG-HO!! GUNG-HO!! GUNG-HO!! とかそーゆー話をしてました。すいません、そんな海兵隊方式は取ってません。調子に乗って書き過ぎました。
つーかニートが会社員を呼び出して、ランチおごってもらっておいて何言ってんだ俺。ごちそうさまでした。感謝してます。

んでもって、御茶ノ水。ギターショップの聖地は、御茶ノ水橋口から出ると近いのですが、どうしても間違えて聖橋口から出てしまうわたくし。当然のように脳内ミュージックボックスから「檸檬」(さだまさし)が流れてくるわけですよ。♪食べーかけのー檸檬、聖橋から放る。快速電車の赤い色が、それとすれ違う〜! 川面にー!波紋のー! あ、もういいですか。はい。
いったん御茶ノ水橋口まで行って、コインロッカーにバッグを詰めて、さあ、行くぜー!!

今日は、いまさらサマーソニックのオフィシャルTシャツを着てたので、逆に店員さんから話しかけられたりしました。
「あ、あなたもサマソニ行ったんですか?」
「ええ、2日とも行きました、すげー疲れてます」
「私もなんですよ、今日はもうこの店閉めて休みたいぐらいですよー」
「ですよねーw 昨日のトリって何見ました?」
「コールドプレイです」
「俺、もうDEVOで燃え尽きちゃいましたよー」
とかなんとか。

あと、イシバシ楽器のDTM館のシンセサイザーフロアのオヤジさんと意気投合したりして。
オススメのボコーダーってなんですか? やっぱりmicroKORGですね。これ、最初は全然売れなかったんだけど、洋楽のアーティストが目をつけて使い始めたら日本でも売れるようになったんです。 ははは、そりゃ実に日本人らしいっすね。 microKORGはパフィーなんかも使ってるんですよ。 おー、それは知りませんでした。 で、奥田民生なんかは…(移動しながら)…こっちのRolandのボコーダーですね。 む、結構デカいし…げ、すげ高いっすねこれ…やっぱりKORGのより機能豊富なんですか? いや、これはボコーダー専用機で、あとはコーラス用とかしか機能が無いんです。 マジっすか……専用機でこの値段でこのサイズとは……

ちなみにこれ→http://www.roland.co.jp/products/jp/VP-550/index.html
値段はこんな→http://kakaku.com/item/25050310255/

誰か買ってくれると俺のフトコロが潤います。
Roland VP-550
バッグもあるでよー
Roland CB-49VP

アウトレットもあるぜよー




今日見た中で一番凄かった店

  • 見た目はまるで宝石店
  • 客が一人もいない
  • 見張りのような女性店員がいる
  • 一見して、Tokai(というか、タルボ)とMUSIC MANしか置いてない
  • バレーやバスケの選手でも届かない位置までギターを展示(値段も見えない)
  • MUSIC MANの Silhouetteがたくさん、あんなにバラエティに富んだ機種だとはしらなんだ
  • ちなみに私の好みはメイプル指板・HSH・ホワイトボディ・パール・ピックガード。どんな無茶な組み合わせでも何とかしそうな雰囲気ではあった
  • AXISもたくさん
  • Tokai Talboもたくさん。非木製ボディハァハァ。あんなにタルボのある空間は今まで見たことが無い
  • 2階もあって、そちらはグレッチ以外何も無い(汗 あんなにグレッチのある空間(略)


極め付けはこちら

  • ショーウィンドウがあり、中身は全部ゼマティス。そこに展示……というか、装飾られていたギターの値段ベスト3
  • 1位 - 10,500,000円(税込)
  • 2位 - 10,500,000円(税込)
  • 3位 - 10,500,000円(税込)
  • つまり一千万円のギターが三本あった
  • その店に客が一人もいない訳を、その時に理解した「ここは吉野家じゃない、高級料亭だ」

と、言うかだな、消費税分だけでヴィンテージのギターが買えちまうギターってどんなんじゃーい!!!
つーかさ、私はクルマの事は良く知らんのだけど、ギター三本の値段で最安値のフェラーリとかカウンタックとか買えるんじゃないのか?
値段良い、もとい、まさかギターショップで値段酔いを起こすとは……なんという恐ろしい店。いや、恐るべきはトニー・ゼマティス(故人)。まあ、作ってるこの人が死んだから値段上がってるんですけどね。


posted by ImpactDrill at 08/08/11 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。