2008年08月09日

SUMMER SONIC '08 1日目

金曜日の夜出発、夜行バスで品川まで。予定では6:10着のはずが、5:30頃に到着する。ドライバーからの説明はなし。ははは、早く着くぶんには文句ねえだろうってか。
まあ、そのおかげもあって、予定よりちょい早く友人との合流地点に到着。40分のアドバンテージが消え去る程度のちょい早く、でしたが。

しばしダベった後、電車で幕張まで。ふふふ、逆方向から来る電車はむちゃくちゃ混んでるぜ。合流場所(というか、宿泊場所)を幕張より向こうにした作戦勝ちだな。まあ、ホテル決めたのは私じゃないし、目的地は同じなんだから、大した事ではありませんが。どっちにしても駅から幕張メッセまでの道のりと、会場内は、人の海!人の海!!人の海!!!人の海!!!!にんげーん!!にんげーん!!にん(略)
エンケンは来ていません。念のため。

まず、SONICステージで、THESE NEW PURITANSを見て、しかる後12:00頃からDANCEステージのPerfume(開始は12:30)に待機しようということで散開。
結果、

  • 友人達はDANCEステージが混むのを恐れ、早めに移動していた
  • 私はバカ正直に12:00に移動
  • しかも途中でトイレ(大)

とかいうアホ的状況でPerfume見逃し。

DANCEステージってのはかなり小さいステージなんですが、Perfume人気で客席が完全にオーバーフロー。夜中の3時から並んでいた馬鹿、もとい、熱狂的なファンもいたとかいう噂。ステージはもちろん満員、ステージ前の廊下も満員、終いには入場制限までかかって、人がこれ以上増えなくなったのはいいが出口を探すのにも手惑う有様。こりゃもう開催側の完全な見込み違いですな。

私はといえば、なんとか入れねーかとしばらく居座っていたんですが、ステージの中からアイドルのおっかけじみた声援を聞いたところで逃げ出しました。1曲目は「チョコレイト・ディスコ」でした。Perfumeの「♪チョコレイト」よりも、ファンの方々の「ディスコ!!」の方があからさまに声がでかかったです。音楽好きで誰が怖いってアンタ、パンクスでもグランジでもメタラーでもクラウザー様でもなく、アイドルオタクです。
Perfumeのステージを見る事ができた友人達によると、曲は4曲しかやらず、あとはトークがほとんどで、一部のファン以外は割と引いてたとか。まあ、持ち時間30分だしねえ。

んで、まあ色々ありまして、夜行バスであんまり寝れなかった私は、歩き疲れたのと腰が痛いのと単に眠いのとやる事が無いというような訳で、コンクリートの床の上で熟睡してました。
あー、念のため書いておきますが、コミケなどのイベントと違いかなりフランクなサマーソニックでは、床にどっ座って曲を聴く人、床に座ったままメシを食う人、寝ながらステージを見てる人、床で熟睡している人など、普通にいます。イスに座っている人の方が少ないほどです。なんつーか、コミケでそこらに座ってエロ同人を読みふける人の方がまだ多少なりとも羞恥心があるんじゃねーかという状況。私も寝てた訳ですけどね。
で、気が付いたら、見る予定だったマキシマム・ザ・ホルモンはとっくに終わっていました。バカだ……

ちなみにコンクリートの上での熟睡はまるでオススメ致しません。筋肉だか関節だか骨だかがガチガチになってDEVOかKRAFTWERKのPVみたいな動きになります。


で、トリ。このバンドとDEVOの為にだけ来たと言っても過言ではない、SEX PISTOLSの登場です。
聴いてる途中でえー加減足腰が死にそうになり、一緒に見てた友人に「すまん、後ろで座ってる」とかなんとか言おうとした、まさにその瞬間、「GOD SAVE THE QUEEN」のイントロがホール内に鳴り響きました。弱気な逃げ口上は「ごっせざくぃー!!」「んのぉー、ふゅーちゃ!!」のかけ声に変わっておりました。あと、「いえむあーい!!」とか「あーい、わなびーぃぃぃあなぁきぃぃぃぃ!!」とか。しかしアンコール2回はやりすぎだ。2回目のアンコールは知らん曲しか無かった。「勝手にしやがれ」一枚しかないこのバンドがどうやって70分ももたせるのだろうという疑問はまったくもって杞憂だったわけですが、知らん曲やられてもなあ(汗
今日は1曲目から最後まで聴いたバンドはピストルズだけだったんですが、これだけでも満足です。生ロットンも見れたしね。昔と全然顔が違うw ライドン御大、盛大に老けておりました。面影を探すのが難しいくらい。

あ、あと関係ないですがホール内に安斎さんがいました。ソラミミストの。びっくりした。つい、「本物? 本物?」と本人の近くで叫んでしまいました(超失礼



…あー、それからですね。ちょっと無かった事にしたい話があって……Sammyのブースがあったんですが、ここで新しく北斗の拳のパチンコを出すという事で、「愛をとりもどせ!」歌唱コンテストが行われていたのです。
はい、もうお分かりですね。調子に乗って歌ってきてしまいました。前半部分はクリスタルキングには似てないものの、低音を出せていい感じだったんですが、「おーれとのあいをまもるためー」からもうガタガタ。低音への修正もできず、裏声にも変えられず、もうボロボロ。軽く死にたくなりますたよ。 BGMも歌う人用のものは音が小さくて、歌いだすとタイミングが取れなくなるし、なんというか、もう最悪。喉もこなれてなかったし、元々アニソンの中でも得意な曲じゃないし……
山本正之 縛りとか、水木一郎 縛りとかなら割と自信があるのだがなあ。クリキンではなあ。はー、高音の出ない男じゃのう、まったくもって。これではジューダス・プリーストのコピーなどおぼつかぬわ(←やりません

さらに、さらにです。この歌っている時に録画・録音したデータは、SammyのテレビCMなどの宣伝に使われ、投票によって優勝者を決めるため、今年度いっぱいまでSammyのサイトに掲載されるらしいのです。
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、なんて書類にサインをしてしまったんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。つーかさあ、歌い終わってから使うかどうか決めさせてくれよう。あああああ、その時間の自分を殴ってでも歌うのを止めさせたい。
近く、私が死んだら、死因は恥ずかし固めの亜種かと思われます。うおおおおおおおおおおおおおおおお。


posted by ImpactDrill at 08/08/09 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。