2008年08月05日

ギター鑑賞

今日も別の店でギター鑑賞。

ギター鑑賞とは!

ギターを買ったり弾いたりはあまりしないんだけど、ギターを隅々まで見て、
 「ふむ、このサドルはなかなか形も良いし丈夫そうだ」
 「裏通しじゃないテレキャスなんて詐欺同然だよな」
 「中古のスタインバーガーとかビグスビー装備のギターって、大体ダダリオの弦を張ってんね。ボールエンドのカラーリングがいいのかな」
 「板バネ式のトレモロシステムなんて役にたたねえよ。ケーラー最強」
などと、一人で 迷走 、違う、瞑想にふける事を指します。

病が重くなると、映画やアニメ、マンガなどに登場するギターを見てツッコミを入れだしたりします。
 「ギタリストなのに持ってる楽器が4弦? どんなバンドだw」
 「フレットが12までしかねえギターって何よ? 巨大ウクレレかww」
 「うわー、あのストラト、シールドも挿してねえのに音鳴ってるよw 何時の間にそんな超小型のワイヤレスシステム開発されたんだ?」←※実話

副作用として、性格が悪くなります。

ざっとこのような趣味であります。

床スレスレのあたりに展示してあるギターを、しゃがんでしげしげと眺めている最中、店員と目があっちゃったりするとこれがまた気まずさマキシマムな感じでね。

今日行った店は、フェンダー系はちょっと弱いんだけど、ギブソン/エピフォンが割と強力で、Italia Guitarsが充実してたりする良く分からない店です。あと、いつ行っても販売品なのか非売品なのか分からないリッケンバッカーがぶら下がっています。ベースとギターと2本づつ。一応値札が付いているので売り物だとは思うんですが。

ちょいと困るのが、新品と中古、メーカーが理路整然と並んでいない事です。
スクワイヤー・フェンダー系の棚を見ていて、お、このテレキャスはなかなかいいぞ!と思って値札を見るとヴァンザントとか書いてある訳です。
更に、お、このストラトはレアカラーで異様に安い!と思ったら、"Vintage"という、死ぬほど紛らわしい安ギターメーカーのシロモノだったりもします。

ギブソン・エピフォン棚も例外ではなく、同じレスポールJrで何でこんなに値段が違うんじゃと思ったら、年代が違って片方は中古で、なおかつ新品の方が安かったり。サンダーバードの隣に珍しいカラーリングのSGがあって、でもこんなカラーがスペック表にあったかな? と思って良く見たら、ESP製だったり。

更に、「フルスケール版ムスタングベース 入荷!」。それはただのプレシジョンベースではないのか。やはりメーカーは知らんところ。

私んちの近所では中古も新品もそこそこある店だし、変わったギターも置いてあるし、サプライ品やパーツの在庫では随一だと思うんだが、どーもこの雑ーな感じがねえ。ベース棚で、お、6弦ベースかと思ったらただのギターだったりとか、そーゆーのがな。あと、貴重なギターくらいショーケースに入れるか、もっと大事にしてやって欲しい。ホコリ被ったヒストリック・コレクションなんて誰も買いたくないんじゃないか?


へい、こんなのがギター鑑賞の一部です。性格悪くなりそうでしょ?


posted by ImpactDrill at 08/08/05 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。