2006年12月17日

低音

ベースが欲しいなあなどと思ったわけです。
ギターもまともに弾けないバカが何言うかという気もするが、いやほらなんとなくベースなら弾けそうじゃないですか。弦少ないし、コード無いし。
ただし、条件としてはショートスケールで。何故なら私は手がちっこい。テレキャスの1フレットも結構つらい。あと安いやつな。
で、選択肢が恐ろしく少なくなったことにビビった。
こんなところか。
FERNANDES PJB-50
※2010/03/22 もう売ってません
女性スタッフによるプロデュースで云々という触れ込みのやつ。小さくして色を薄くすりゃ女性向けだとでも。
色は薄紫・薄ピンク・薄水色の三色。うーん。そして四万円台。微妙に高い。
サイズは約32インチ。すげえ小さいというほどではない。
ペグがフェンダータイプと逆についてる。何がやりてえ。レフティかと思ったぞ。

Fender Japan ムスタング・ベース MB98-SD/CO
FENDER JAPAN MB-SD/CO OCR FENDER JAPAN MB-SD/CO OTM Fender Japan ムスタング・ベース MB-SD/CO
Fender Mustangのベースバージョン。
※2010/03/22 カラーバリエーションから、価格から、型番から、何もかも変わってしまいました……
色は赤・明るい赤・濃い赤・明るめの青・緑の五色。ストライプがいい感じ。ストライプの無いやつもあるけど、こっちは色も含めてちょっとイマイチ。
カラーバリエーションはOCR / TRD / FRD / OLB / OTM / CPO / OWH / CPO / OWHの7色。増えた? その分モデルが減ってるのかな。
サイズは30インチ。よいね。
問題は値段。 7万円台中盤から 8万円前後から。値上がったねえ…。高いよっ。
見た目は非常に良いのだが。
SQUIER BRONCO BASS BLACK SQUIER BRONCO BASS RED Squier BRONCO BASS
Fenderの安モデル部門担当のSquier製。
色は赤と黒。
サイズは30インチ。価格は二万円台前半から。
メタリックな青か緑があったら欲しいところ。見た目のチープさがなんとも言えないが、実際安いのだからしょうがない。
それとキティちゃんモデルとかやめてください。買わないけど。
Gibson SG Reissue Bass
Fenderとエレキ界の双璧を成すGibson社のショートスケールベース。
色は茶色と黒。渋いねどーも。 日本限定で水色・黄色・ピンク。どうなんだよこの色。 もう売ってません。中古であるかな?
サイズは30.5インチ。
価格は10万円台。買えるかこんなもん。
Epiphone EB-0
Gibsonと競争した後に食われたEpiphone社のSGベース格安モデル。値段がどのくらい音に影響するかは知らん。
色は茶色と黒。
サイズは本家同様30.5インチ。
価格は 二万円台後半より。ちょっと下がって、2万円を切るぐらい。ふむ、なかなか良さげではないか。
ただ、もうちょっと派手な色が欲しいところではある。それをSGに望むのは無茶なのかもしれないが。
とりあえず棚上げ。


posted by ImpactDrill at 06/12/17 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。